健康な毎日

医療機器

歯は食べることに最も関わっているものである。
人間の歯は一回しか生え変わらないため、永久歯はとても大事にされる。
永久歯が抜けてしまえば、二度とそこには歯は生えず、入れ歯や差し歯で代用するしかないためである。
入れ歯や差し歯では噛む力にも限界があるため、完全に代用できるとはいえない。
しかし、今はインプラントという新しい歯科技術が開発されたため、自分の歯で再び噛む喜びが得られるようになっている。
もちろん、インプラントで再生する歯も義歯であることには変わりないのであるが、義歯根が歯茎の中に埋め込まれているため、力いっぱい噛んでも歯がぐらつかないのである。
こうした最新の歯科技術は今も生み出されており、多くの人に歯がある喜びを与えている。

しかし、こういった歯科治療は多くの場合自由診療となるので、健康保険の対象外なのである。
このため、高額な医療費になってしまうので、できるだけ歯はそのまま維持したいものである。
歯の健康のためにも歯科医院を使うことはできる。
一度虫歯になってしまうとその歯は弱まってしまうので、そもそも虫歯にならないように予防することが大事である。
虫歯になったときだけ歯科医院を利用するのではなく、普段から定期的にブラッシングの指導やプラーク除去などの施術を利用することで歯の健康を守ることができる。
このため、できるだけ通いやすい場所に信頼できるかかりつけの歯科医院をもつことは大事なのである。

注目の記事

歳を取っても丈夫な歯

口をあける患者

住んでいるところを選ぶとき、地元に歯科医院や皮膚科などの個人病院や大学病院がある事を理由にその土地を選ぶ人は多い。そうすれば、健康な毎日が約束され、特に食べることに関わる歯は大事だからである。

通いやすさで決める

医師二人と患者

歯科医院を決めるときには、アクセスの良さで決める人もいる。歯の治療は何回にも渡る場合があり、一度の診察や診療では終わらないためである。このため、遠くてもアクセスし易い都心を選ぶ人も多い。

技術で決める

診察室

インプラントやホワイトニングなど、歯科の技術は年々発達してきている。しかし、全ての医院であらゆる治療をしているわけではなく、それぞれに得意分野というものが存在している。

オススメリンク